« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

ワーカーズの働き方を紹介する本ができました!~食の共同事業会議

今年度、WNJで制作を進めてきた本ができました。

「小さな起業で、楽しく生きる~仲間と始める地域協働ビジネス(ワーカーズ・コレクティブ)」
小さな起業の始め方や仕事例など、ワーカーズ・コレクティブの働き方を広く紹介する本です。

㈱ほんの木刊で、何と画期的なことに、一般書店に並びます!

自分のワーカーズだけがワーカーズではありません。
ワーカーズ歴が長い方も、今一度この本で「へえ!そういうことだったんだ…」と確認しましょう。家族や友人にも「ほら、こういうことよ!」と説明できます。

そして何より、「ワーカーズってどんな働き方?」と興味を持ってくれた方に、ぜひ読んでもらいたい本です。

みなさんで紹介しましょう!

P1020056 P1020057

2014年2月21日 (金)

WNJ全国会議で報告しました~食の共同事業会議

去る2月8日・9日 大坂市立大学を会場に、2年に一度の「WNJ全国会議」が開催されました。

関東の大雪を案じつつ、大坂は雨のち晴れの天気に恵まれ、400人を超す参加者が活発な報告と意見交換を重ねることができた2日間でした。

食の共同事業会議は、2日目の第5分科会でこれまでの事業拡大研修の成果を報告しました。参加者から「大いに刺激を受けた」「ワークシートもあり、どう考えたらよいか、道筋がよくわかった」「ぜひ帰って取り組みを進めたい」等の感想が寄せられ、全国の食のワーカーズの発展に少しでも役に立ったことが実感できました。

*ちなみに、おそろいのTシャツはアピールグッズとして作成したロゴ入りです。なかなかいいでしょ?

今回の発表に向けて、4団体それぞれの組織では「時間がない」「人手不足」「今じゃなきゃダメ?」といった、いつもの言い訳を「とにかくやるしかないのよ」と押しのけて、対策を進めてきました。それが、進める過程で「そうか、こういうことだったんだ!」という実感に変わり、、効果も見えて「本当にやってよかった」「これからの方向性が明確になった」となったのが、何よりです。

”いのちをつなぐ おいしい食事”を、地域にそして私たち自身に提供し続けられるよう、これからも全国の食のワーカーズが手をつないで、進んでいきましょう。

Dsc_0831 Dsc_0835

2014年2月10日 (月)

WNJ研修「食のアレルギーへの対応を知る」お誘い~食の共同事業会議

WNJ食の共同事業会議、今年度最後の研修として「食のアレルギーへの対応を知る」を実施します。

幼稚園・保育園の給食や子どもむけの仕出しを受けることが増えているワーカーズにとって、避けることのできないテーマです。

それぞれ事故のないよう、対応を工夫されているとは思いますが、ここで改めて知識を共有する機会を持つこととしました。

講師は「アレルギー疾患を持つ子どもと家族を支援するNPO」にお願いしています。正しい知識を得て、どこまでなら間違いなく対応できるのか判断・対応できるようにすることを目的としています。

子どもだけでなく、高齢者にも対応を求められる事例も出ています。
大勢で参加して、安心して食事づくりができる環境を整えましょう。

 日 時:3月6日(木)10:30~12:30

 場 所:新宿ASKビル(地下鉄大江戸線東新宿1番出口徒歩3分)

 講 師:NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
    専務理事・事務局長 赤城智美 さん

 参加費:1人1000円

*申し込みは各連合組織に2月28日までに。

2014年2月 6日 (木)

2月の献立のご紹介~ごちそうさま(神奈川県平塚市)

立春を過ぎたのに、余計に寒くなりました。
インフルエンザが流行って、メンバーがお休みし、人手不足で大変なところもあるようです。
手洗い・うがいで気を付けましょうね。

さて、いつものチラシと2月の献立をご紹介します。「menu.pdf」をダウンロード
野菜たっぷりの”ごちそうさま”の味をお楽しみに。

Chirashi

2014年2月 3日 (月)

初の料理講座は大好評でした~にんじん霧が丘(神奈川県横浜市)

以前のブログでご紹介した、にんじん霧が丘初の料理講座が無事終了しました。

参加者は8人、うち組合員以外の方が1名。
手順を実演しつつ、食材の効果も説明しつつ、質問に答えつつ、・・・ちょっと緊張もしましたが、参加者といろいろな話もでき、和気あいあいと楽しい2時間でした。

012005_2


メニューは
「デトックスに 大豆入り雑穀ごはん」
「スッキリポカポカ 里芋のサラダ」
「プルプル美肌 塩豚の麦スープ」です。016


この企画に参加して、にんじんのほかのお惣菜や消費材にも新たに興味がわいた、という感想に期待して、これからも、年に2回は実施したいと考えています。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »